うんちが出ない赤ちゃんを綿棒でサポートしてあげる

産まれて間もないミルクしか飲まない状態で便秘になる原因は乳児期の場合だと、母乳やミルクの量が足りていないことが多いです。 体重の増え方が悪かったり、1回の授乳に時間がかかりすぎると感じるときなどは綿棒での自分でのサポート以外に近くで医師に相談してみるのも良いでしょう。
生後2ヶ月から3ヶ月のころにうんちの回数が減ることがあります。
これは生理現象の一つなので機嫌が良くて、体重が順調にこれから増えています。 母乳やミルクを良く飲んでいるようなら必要以上には心配はいりません。 世間一般的に二番目の原因は運動不足も上げられますが、これは大人が同じ様な理由があります。 中々、簡単にはうんちが出ない状態になってしまうように、これはトレーニングやエクササイズ不足が原因となることがあるのです。 とくに、医者に診せなくてもねんねのころは自分で自由に体を動かすことができないためです。 お母さんとの遊びの中で足を持ってばたばた動かしてあげたりするなど、ここでは体を動かすようにしてあげることが大切です。 また、ここではおなかのマッサージも良いですし、天気が良い日はベビーカーに乗って近所をお散歩するだけでもです。 乳幼児には十分なサポートの体操になります。 少し工夫するだけで運動不足を解消方法でしてあげることができます。 もう少し、ここから大きくなって砂糖水や離乳食を開始した赤ちゃんの場合です。 このタイミングは重要で新生児の体にとって大きな変化をもたらすことなのです。 そのことがきっかけでこういった症状になってしまうこともあります。 いずれにしても綿棒で泣く際や解決できない場合は一度診察を受けてみても良いかもしれません。

どんなサポートの仕方がベストかは経験次第です


オリーブオイルを塗った綿棒で浣腸してサポート

代表的な対策が綿棒ですがそれ以外にもできることは沢山あります。 離乳食の分、母乳やミルクが減ってしまうので出ない時は水分が不足してしまうことや、これによって腸の中の環境が変わってしまうことが原因です。
また慣れてくるにつれてどんどん進んでいくと、砂糖水ややわらかいものや消化の良いものを与えるため、どうしても便のかさが増えずに便秘になってしまうこともあります。
出が良くないなとか、出ないことが気になったときには、サポートでおなかを軽くマッサージしてあげるだけで解消する場合もあります。 まずは赤ちゃんのおなかに手を置いて、おへその中心を時計回りにひらがなの、のの字を書くようなイメージで優しくマッサージしてあげましょう。 この時、時計回りと言うのが最も大事です。 うんちがおしりのほうに移動して行く方向に腸を刺激してあげるためですので逆回りにはしないでください。 他にも、左わき腹、背中側を上から下にさすってあげると言う方法もあります。 マッサージしながら様子を見て出来る限りリラックスして気持ちが良さそうな方を行うのも良いケアです。 サポートせずにおすわりができるようなら、仰向けに寝かせて両手で両足の腿の付け根を持って、腿をお腹に少し近づけ両足を一緒に右に倒します。 ちょうど、腰をひねったような状態になります。 まずは手始めにクリニックに行く、腕の良い医者に診療して貰う前に、専用の細い綿棒だけでなく泣く時にはこういった種類のアクションも考えてみましょう。

うんち体操で赤ちゃんの運動不足をサポート


綿棒は赤ちゃんをサポート出来る重要な欠かせないアイテムです

つま先が床につくくらいになったら、ゆっくりと真ん中に戻して同じサポートの方法で出ない際は左側もやって見ましょう。
左右で1セットとして、3回くらいやってあげると良いでしょう。
砂糖水やこういったマッサージや運動をしてみても、なかなか解消しないと言うときには綿棒浣腸が効果的です。 はじめは乳幼児のおしりに専用のものを入れるという原因に抵抗があるかもしれません。 コツをつかむと怖いものではなく即効性があり効果的な対策です。 やり方はまず、数枚の新聞紙などを重ねるようにカーペットの床に敷いてその上におむつを開いて行います。 有名な赤ちゃん本舗などにはいろいろな種類のものがあります。 軸が太くてしっかりとしているものを選ぶほうがやりやすいです。 すべりを浴するために、購入したものの先にはベビーオイルやローション、またはオリーブオイルなどをつけてあげるとよいでしょう。 流れとしては仰向けに寝かせて、両足を持ち上げ2センチくらい肛門の中に入れて、くるくると動かして刺激します。 2センチくらいとは大人が使う普通のタイプで綿球が中に入ってしまうくらいです。 刺激してすぐにうんちが出ると良いのです。 もし出ない場合でも刺激して何時間かすると出るということもありますので心配はいりません。 綿棒に血がついていたり、泣く時や痛がりかたが激しいときにはすぐに中止して小児科に行き医者に診察して貰うようにしましょう。 サポートがくせになるのではと思う人もいるでしょうし、排便のリズムを整えて便秘のケアになるので心配はいりません。

筋力が弱いためにママの綿棒でのサポートが必要なのです


動画

大丈夫

ミルクメーカー

通販

HOME

このページの先頭へ